スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛮幽鬼 その3 福沢

さらに続き。 ペナン役の高田聖子さん。
最初はギャグの強い役だと思いましたが、最後はむしろペナンがヒロインではないかと。
設定からいくと、かなり辛い過去持ちなのに明るくて一途なお姫様でした。
「減るもんじゃなし」は名言
教義問答をゲキシネで見られるのを楽しみにしております。

道活役の橋本じゅんさんは劇場の笑いのコントロールを一身背負ってる感じでした。コール&レスポンス「なんぼの」「もんじゃーい!」を毎回テンション高くやるのは大変だったと思います。
笑わせつつ、しかし息子が死んだ時の怒りは切なくて苦しかった…。

長い感想になってしまった。もう一回見たらもう少し美古都の印象はもう少し良くなると思うけど、初見の印象を書いて見ました。
パンフレットと演劇ぶっくを見ながらゲキシネを待つ…先は長いなあ
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 軽重日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。