スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖徳 黒田さんと24人のサムライ

20090103164651.jpg

わーい、干し柿ー♪
聖徳は、干し柿が好きです。
この冬は、どこからももらえず、買うしか道はないのか!! とギリギリしておりましたら、お母んのお友達の手作りがやってきました♪

ウマー(゚д゚)


干し柿は、ジャムのよーになってるときが、イチバン旨いよね☆


それはさておき、昨年の11月1日(………)に、福沢さんと、福岡市博物館で開催されておりました『黒田長政と二十四騎』展を観て参りました。

黒田長政といえば、現在の福岡に、福岡とゆー地名をもってきた殿様。
私も、せいぜい黒田節が歌えて、福岡の藩主だったってことと、あー、確か東長寺に墓があったよねぐらいしか存じませんでしたが、

福岡の民として、行かないわけにはいきますまい。

と、展示が決まるや否や、福沢さんと握り拳で誓い合っておったのでした。


その割りに、行ったの


期間ラストまであと3日てな


ぎりぎりの日にち


だけどな。


レポ、すでに年越してるしな!!orz


まあ、そんな自虐ネタはさておき、やってきました博物館。まずは、黒田家の家紋がお出迎えです。

20081102152430.jpg
20081102151731.jpg

入場券買って出発進行~!

最終日までカウントダウンといえど、そこまで多くはない館内。

「やー、こんぐらいが丁度いいよね、観覧って」

「ほんとにねー。

浮世絵展とか、国立博物館が

開館したばっかのときは

人津浪を見に

行ったようなモンだからなぁ(遠い目)」



まずは、ずらっと、二十四騎の方々のフィギュary、げふげふ、えーと、銅像(塑像? いかん、どっちか既に覚えてnry)つかっての説明。

黒田節のモデルのヒトが殿様じゃないことは知ってましたが、

そもそも有名どころが

24人もいたってことに

びっくりです。←大失礼


や、だってな? 他の私らと同年代の、福岡に住んで10年以上ってヤツにも訊いてみろ?

そもそも

黒田長政の

名前知ってるヒトのが

間違いなく珍しいからな!!

断言!!



失礼なことをいいつつ、さくさくとスムーズに観覧は続くのです。

さてさて、黒田家とその家臣たちは、元々、九州のヒトではなく、関西地方からやってきた人々。
私も今まで、徳川時代に外様大名だったってことぐらいしか知らなんだもんなあ。

関が原の合戦で、家康のもとで武功をあげて、九州を与えられたんだとか。

某ペディアによると、最初は信長の家臣、で、とーちゃんの如水が、信長に一旦降伏していた荒木村重がやっぱ謀反おこしたらあ!! と戦いを起こそうとしたのを回避しようとしたのに、

捕まってしまい、

信長が「あ、アイツ寝返りやがった、ざっけんな!!」となったのを、

竹中半兵衛が「殿、短気自重!! 短気は損気なんだって、超自重!!」と機転を利かせてくれたことにより、

とーちゃんも長政も何とかギリギリセーフ、本能寺の変のあとは、一族ごと秀吉の家臣に。

うまいこと手柄立てて、河内に国貰ってらっきー♪

朝鮮でのオトナのシャレにならん喧嘩でも、一族武勲たてまくりで、更にらっきー♪

秀吉の死後は、

「これから時代は家康!! くーるーきっとくーるー♪」

とばかりに家康に接近、うまいこと行って、関が原の戦いでも武勲あげまくり、で、九州に国もらって、藩主になりましたとさ、というのが、福岡にくるまでの話。


英断だよね、間違いなく!!


先物投資上手の


やりくり屋さんめ☆←何かを勘違いしている


とゆー、歴史を


( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー と


例のボタン連打で感心していく我々。



特に、関が原で、どの家臣がどーゆー動きしてたかとゆーきゃらくた、もとい、人物絵にふきだしつけて説明という親切構成において


「オレ、家康さんのお使いしたら褒められたんだ!


んでねっ!! ご褒美に饅頭もらったんだヨ!!ヽ(゚∀゚)」


とゆー解説文には


笑わないために息をとめるとゆー


体育会系な訓練も施されました。


どこのはじめてのおつかいだー!!ww

そして、今回初公開される資料の数々、文の数々の説明を読んでいる……と、いきなり福沢さんが噴出しました。

聖徳「な、なにがあった?!Σ (゚Д゚;)」

福沢「や、だって、この手紙……っ!!


    約束していた漬物


   贈りますね☆


   って説明されてる……っ!!。゚(゚^∀^゚)゚。!


(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ナ、ナンダッテー!!

ホントダー!!。゚(*゚´∀`゚)゚ノ彡☆

その場で呼吸困難に陥る寸前まで、笑いたいのを必死にこらえる、我ら2人ww


ちょっ、このっ!! 

博物館で大爆笑させんな!!

大人しく、感心しながら

学習させる場所と

ちゃうのンか、博物館!!ww



ああもうっ!!ww
確かに文なんぞは、貴重な資料だろう。

だけど、漬物のやり取りまで

晒してやらんでもいいんでわ?ww



まあ、

野郎が野郎にあてた


 恋 文 


を、後世でしっかりがっしり

管理されてる某戦国武将より

ほのぼのしてわいるがなww



笑いをこらえ、コーナーを次々進むうち、ふと、壁のあちらこちらに、貼られているパネルというか、展示物の説明や、博物館サイドの独自のわかりやすい注釈、がついているパネルをのんびり見ます。

そしたらば。


『黒田家家臣の関係図。


ここまで、仲よろし組


ここいら、仲悪し組』



なる、愉快なパネルが。


聖徳「あー、関係図ってわかりにくいもんねー。これいーわ、一発でわかるww」

福沢「そーねー……。

   って、ちょっと待て。

   これは……っ?!」



慌てた様子で、聖徳をとある展示コーナーに連れて行く、福沢さん。
なんだどーしたー? と示される場所を覗き込むと、そこには、家臣の関係図が。

聖徳「えーと、こっからここまでが、

    仲……よろし、組?」



見間違い?!

い、いや、私ひとりだけならまだしも、福沢さんも観ている!!

それでも尚疑い、目を皿のよーにして見ても、やっぱり


説明文は『仲よろし組』


おまけに、こっからここまでが


『仲悪し組』


という説明のパネル有!!



し、史実かあああああ!!Σ(д゚|||ノ)ノ


座り込みたかった……!!

ホンキで座り込みたかったよ、あの時……!!


それか爆笑させて欲しかったっ!!


ココロ行くまで大爆笑させてほしかったっ!!ww


侮れねえ!! マジパねえよ、黒田家!!ww



ついでといっては何ですが、この仲良し・悪し組。

すみっちょで、ちんまりと3人だけで、他の連中しんなーい、自分達は、仲悪いとかしないで、きゃっきゃテラウフフしよーねー☆てなのがいました。


聖徳「あー、わかったアレだ。

    これって中学生のクラスで必ずできる

    女子グループみたいなもんだろ。

    スポーツ少女グループ

    有名校一直線勉強できるグループ

    アイドルイエー☆グループ

    ちょっとオタクグループ

    みたいな」


福沢「わかるけど、身も蓋もないね」

聖徳「きっと、このすみっちょの人たちは、出世とか欠片もキニシナイ人々なんだよ。

   『アタシたちぃ、ぶっちゃけ

    出世争いとか、超キョーミないしー

    それよか、趣味に生きてぇ、家族円満でぇ

    生活に困んないお金があればいーのよねー

    ねえねえ、今度この舞台来るんだって

    観にいこーよ』

   『超サンセー!

    あ、駅前にいい酒と酒の肴出す超オイシーお店

    できたってー、そこもいかなーい?』

   『きゃー、いくいくぅv』


   的な人々だよ」



福沢「うん、それ、私と貴女と岩倉さんの日常だよね」

はい、そのとーりww

どうも、この黒田家ってのは、よーするに戦術では超有能だったんだが、平和になると、どーしていーんだかっていうわかりやすい戦国武将の集まりだったみたいですな。

で、九州に来た後、仲良し・悪しになったっぽい。

それもまた、悲劇といやぁ悲劇だよな。

そして、展示のラストを飾るのは、後世、黒田家の歴史をしっかり後々まで伝えよう!! という人々により描かれた!!


黒田二十四騎の


アニメ設定資料sry



や、この表現、間違ってないって!!

正しい鎧姿と肖像をのこそうぜ!! ってことで、

鎧の展開図とか

様々な角度からの

イラストとか

各々の武器とか

各キャラkryもとい

各武士ごとに

決めポーzryもとい

立ち姿ごとに

描かれたイラスト

大公開なんだもんよ!!

これで設定資料集じゃなくて

なんだというのだ!!


もう、何の会社にやってきたかと思ったよ!!

私ら笑いっぱなしだよ、タスケテー!!ww


福岡県は、これを元に黒田二十四騎と

戦国を制する主人公との

ネオロマでも作ればいいじゃない!!ww



最初ッから最後まで、ネタと笑いをありがとうございましたww的満たされ感を後に、展示会場を出る我々。

しかし、ネタはここで終わりではなかった。

出口(まあ、入り口でもあるが)にて、とあるモニターがありました。
説明を読むと、何でも正面のモニターに立ち、横にあるパネルを操作すると、


オリジナルの兜をかぶった自分が


大画面に晒される


というゲーム機の一種。


へー、と適当にパネルを動かしたらば、そこに金色に輝くウサギの兜飾りがありました。


聖徳はうさぎスキーとして、身内に有名です。

はい、もうお分かりですね・

聖徳は迷わず、兜を作り、

かぶった姿を

福沢さんに頼んで

写メしましたー!!ww


以下、証拠写真の一部ww

usakabuto.jpg

やー、ホンキで楽しかった♪

こんな阿呆な楽しみ方をするのは


おまえらだけだというツッコミは


いいっこなしだぜ、ハニー☆
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 軽重日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。