スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖徳 最近の流行どころの本

ひっさびさに読後れびゅーいってみたいと思います。

いや、毎日いろんな本は読んでるんですよ?


市場流通しているものから


市場流通していないものまで


ずいっと、ずずいっと。



読み散らかしていくのでうっかり感想書き忘れがちですが、


いろんなとこで語ったり萌えたり


ネタにしたりと様々な


活用もさせていただいております


本の神様に土下座してわびろ貴様☆



それはさておき、まず1冊目は、今度なんかドラマ化するらしいという水野敬●氏の『夢を かなえるゾウ』

分類するとしたら自己啓発本になると思うのですが、


内容はドツキツッコミ漫才


で100%言い表せる


と思います。



お母んが人様から借りてきて、面白いから娘も読め、あ、来週返さなきゃいけないからすばやくネ☆といつものようにいつものことをおっしゃりながら貸してくれたのですが、とにかく主人公(のひとり? 1柱のが正しいのか?)のガネーシャが楽しい。
そしてガネーシャの勢いに最初は押されているだけだった主人公のサラリーマンが、どんどん

すばらしいツッコミスト

になっていき、


それに比例して


彼が変わっていくのが


面白い。


いや、別に人生はツッコミだ!! とゆー話じゃないデスヨ?

会話の端々に、偉人のちょっといい話も混ざり、一冊の本として、そして物語として面白い一冊。

こーゆーユルイカンジの自己啓発なら、頷いて実行する人も多いのではないかな? かな? と思われマス。


もう一冊は昨日読み終えた拓●司氏の『禁断の パンダ』。

このミス大賞とってたヤツで、以前から気になっておったのを、先日ブクオフが1000円以上買ったら20%オフよ☆をやってくれた日に、購入しますた。

ミステリではあるだろうけど、分類するなら


グルメホラー

が一番しっくりくるでしょうか。


この本の何がすごいって


出てくる料理の描写!


これにつきる!!



作者が飲食業に従事していた方らしく、どれを見ても


うまそう。


今まで読んだ本の中で、食事描写がぴかいち! なのはイケショーだと信じて疑っておりません。

イケショーの食への描写を、


読んでいると


絶え間なく腹が減る描写



とすると、この作者の描写は


読んでいると


赤ワインの栓を


あけたくなる描写



だと思うです。


高カロリー、高カロリー!


味覚フル回転!!



ミステリとしては、多分、事件が起こる前後から結構わかりやすい流れで、犯人の動機……も、多分、マンガではよくあるネタだと思うので、目新しい・新しくないの二極でいくとありがち、に落ち着いちゃうと思うですな。


個人的には


本の最後についている書評


が激しくいらんと思ったが、どうだろう。

ついでに、


主人公の奥さんと


同じ状況にある女性には


激しく読んで欲しくない



と思ったがいかがだろう。

グルメ描写はウマーですが、読後感はあまりよろしくないとゆーのが正直なところかなー。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 軽重日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。